2012/02/07(火) 00:03|震災

コッペさん

 1月8日、せんだいコミュニティカフェ準備室で協力している「暮らしのシェア」の第6回で、「パンとクッキーの店 コッペ」の飯嶋さんから話を伺いました。パレスチナ・オリーブで扱っている、オリーブオートミールクッキーとザータルスティックをつくって下さっている仙台のお店です。
 障害のある人もない人も一緒に働き、街の中のパン屋さんとして20年以上やってこられました。パレスチナのオリーブオイルを使って作っているオートミールクッキーは「食べだしたら止まらない!」と根強い人気があります。
 これまでどうやってきたのか。震災時、震災後、ライフラインや流通が止まった中でどうしたのか。障がいを持った人たちが震災で直面したこと。原発事故後、新たに出てきた問題にどう対応していくのか。今回も中身の濃いお話です。ぜひ、お聞き下さい。


 なお、オリーブオートミールクッキーとザータルスティックの原材料の国産小麦については、2012年2月製造分までは、昨シーズン(2010年収穫)の小麦を使用いたします。その後については、製粉会社は青森産小麦を中心に国内産小麦を販売、ロットごとに測定予定です。クッキー製造者のコッペさんの測定態勢など、後日報告いたします。飯嶋さんのお話にもあるように、市民測定室なども利用予定です。

追記:2012年4月製造分まで2010年産の小麦を使用することになりました(2月17日記)。
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=36



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode