2012/09/26(水) 23:52|イベント

シリアに関する集会のお知らせ

 何が起きているのか。私たちに何ができるのか。私も正直、わからないまま、ただ心配しています。
 一般のシリア人はもちろん、シリア在住のパレスチナ難民の人たちも行き場をなくしています。ダマスカスの難民キャンプで殺されてしまったパレスチナ難民の人たちがいます。ヨルダンに逃れようとしたけれど、ヨルダン政府が拒否したため砂漠に取り残されている人たちがいます。レバノンのパレスチナ難民キャンプに逃れたけれど、期限付きでの受け入れを通告されている人たちがいます。
 ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉がシリアに関する集会を開きます。詳しくはミーダーンのサイトをご覧下さい。

討論集会・シリアが私たちに問うもの

【日時】10月8日(月・祝日)14時開場 14時30分開始
※開始時間は多少ズレる可能性があります。必ず直前のお知らせで確認し直してください。
【場所】在日本韓国YMCA 9階国際ホール(JR水道橋駅より徒歩5分、御茶ノ水駅より徒歩8分 千代田区猿楽町2−5−5)
■発言:山崎やよい(考古学者、1989年より約20年に渡りシリア在住)
■その他の発言予定者:
  • 岡田剛士(ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉、元青年海外協力隊シリア派遣隊員)
  • 佐藤真紀(日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)、元青年海外協力隊シリア派遣隊員)
  • シリア支援団体サダーカ・メンバー
  • 田浪亜央江(大学非常勤講師)
  • 山本薫(東京外国語大学非常勤講師、アラブ文学)、ほか
【呼びかけ】シリア支援団体サダーカ、ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=47



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode