2011/03/24(木) 14:02|震災

お礼

  このたびは、ご心配とあたたかい励ましの言葉をたくさん頂きました。本当にありがとうございます。メールにひとつひとつお返事できない状況ですので、ブログを開設しました。
 パレスチナ・オリーブは、スタッフも商品も無事です(私の自宅も、スタッフの自宅も、家の中はぐちゃぐちゃとなり壊れたものも多くありますが)。
 地震から2週間が経ちますが、仙台では、食糧を含む物資やガソリンが不足の状態が続き、場所にもよりますが、ガスや水道、下水、電車などの交通網が一部しか復旧していない状況です。道路や住宅(とくにマンションなど)の多くにひびが入るなど建物も痛んでいます。
 しかし、地震・津波・原発事故のトリプル災害のいずれからも被害を受けながら、「他の地域よりはまし、、、」と我慢してしまっている状況にあります。仙台という土地柄、実家が宮城や岩手の沿岸部という方も多く、仙台にいる多くの方が、親戚・知人の誰かを亡くしてしまっているという悲しみも抱えています。その中で、被災者であり支援者でありという立場で、気持ちにストレスを抱えながらも、知人・友人たちが走り回って活動しています。私も、私ができることを少しですがやっています(おいおい、書いていく予定です)。
 まだまだ日常生活には戻る見通しがありませんが、それでも、少しずつ、パレスチナ・オリーブの仕事も再開していく予定です。
 怒濤の2週間のこと、パレスチナ・オリーブのこと、仙台のこと、少しずつ、発信していきたいと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。

追伸:写真は、ナーブルス(パレスチナ・ヨルダン川西岸地区)のロバさんです。
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=5



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode