2012/11/20(火) 22:23|パレスチナ

占領を止めるために

 情報は入って来るのですが、発信が間に合わずすみません。攻撃が始まって7日目、死者111人、負傷者750人という数字です(数字にすれば、、、です)。本当に、刻々と死傷者が増え続けています。
 ガザ地区は常に攻撃にさらされ、閉じ込められています。でも、今回の攻撃は、2008年末から2009年1月にかけて、約1,400人が殺された攻撃を思い起こさせます。構造はほとんど変わっていません。もう一度振り返る意味があると思います。

 私は、2009年1月、ガザへの地上侵攻の最中に、イスラエル、パレスチナの生産者を訪問していました。ヨルダン川西岸地区でも、ガリラヤ地方でも、みながテレビを付けっぱなしにして怒り悲しみながら、日常生活を送っていました。
(『ぜいとぅーん』35号、2009年2月6日発行より)

 そして、以下の本が、今回の攻撃を考える上でも参考になると思います。当時、イスラエルによるガザ空爆・侵攻を受けて緊急に発表した「ガザ以前、ガザ以後」もまとめられています。
サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』

(岡真理・小田切拓・早尾貴紀編訳、青土社)、2011年11月発売、定価2600円+税
紹介文章(『ぜいとぅーん』38号、2009年11月6日発行より)


 いま、私たちができることとしてボイコットの呼びかけもされています。
 ヒューレッド・パッカード社は占領下のパレスチナ人を管理するためのイスラエル軍検問所における生体認証システムを開発し納入しています。私は最近まで知らずに、ヒューレッド・パッカードのプリンタを使い続けていて、愕然としました。

 本当は、いま、パレスチナはオリーブ収穫の美しい季節です。
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=52



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode