2012/11/23(金) 00:04|パレスチナ

「停戦」でも、、、

 現地時間21日(日本時間22日)、ハマースとイスラエルの停戦が成立しました。報道によれば8日間の攻撃でパレスチナ人160人以上(大半が子どもを含む一般住民)が殺され、1,000人以上が負傷しています。イスラエル人は5人がロケット攻撃などで殺さました。International Middle East Media Centerは、亡くなったパレスチナ人157名の名前と年齢を載せています(死傷者の写真が含まれています)。
 「停戦」しても亡くなった人は帰って来ません。子どもたちを含め、傷ついた人の気持ち、悲しみや怒りは残ります。学校やお店が再開し、暮らしは落ち着きを取り戻すかもしれません。でも、占領とガザ封鎖は続いています。攻撃の前も後も構造は変わっていないのです。
 何が問題なのか、何ができるのか。一緒に考えていきましょう。今週末の緊急アクションは以下の通りです。私自身は緊急行動に参加できずに心苦しいのですが、とりあえず(?)、日々、公正な平和を願ってオリーブ商品を売ってます!


(キャンドル・ビジルに関してはサイト上のお知らせが見当たらなかったので「アル・ガド」さんにリンクしました。「パレスチナ/イスラエル関連を中心としたイベント、テレビ番組、書籍、映画などの情報メモ」が一覧となっているありがたいサイトです)

 英語で読めるパレスチナ・メディアのサイトも例えば以下のようなものがあります(死傷者の写真が載っていることがありますのでお気をつけ下さい)。パレスチナはアラビア語ですが、小学校1年生から英語の勉強も始まります。今回も、メディアだけでなく、普通の人(?!)が、ツイッターやフェイスブックなどSNSを使って、英語でも発信し状況を伝えました。



追伸:
 こんなことを書いている一方で。今朝も(22日)夜中の2時半に地震で起こされました。また、地震の影響による建物の取り壊し、道路や下水道間の修理などで、1年9ヶ月、延々と騒音や(放射能まじりの?)粉塵が続いています。人不足、資材不足で遅れていることも原因のようです。
 パレスチナや被災地、被ばく地のことを考えて、10月に出した『ぜいとぅーん』のタイトルを「理不尽な世界であきらめずに楽しく生きる」としたら、多くの方から共感の声を頂きました(沖縄・辺野古からも)。皆さん、それぞれの場所でそう思って生きているのだと改めて考えさせられました。(とても正直に言えば、私自身は「理不尽な世界であきらめずに楽しく生きられたらいいなあ」という気持ちなのですが。)
 以下、先月書いた通信原稿ですが、改めて載せてみます。

編集後記(『ぜいとぅーん』49号より)
 パレスチナの人たちは、納得いかない不正義が続く状況の中でも、それぞれの生活を楽しんで生きています。それは、占領状態をないことにするとか、向き合わない、ということとは違うと思います。私たちも、地震・津波・原発事故をなかったことにすることが、前向きに生きるすべではないでしょう。非日常が日常になった中で、改めてパレスチナから学ぶことがたくさんあるように思います。世界から見捨てられていないと感じること、その大切さも改めて少しわかるようになりました。皆さん、ありがとうございます!
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=53



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode