2012/12/23(日) 02:04|-

「モノとチエをもちより、かんがえ、わかちあう。みちのく+くらし。」

 今年もあとわずかになりました。
 2012年は1月1日の地震で始まり、、まだ毎日、地震があります、、、。

 9月5日のブログに書きましたが、9月から「せんだいコミュニティカフェ準備室」は「コミュニティカフェt,able (タブレ)」として動き始めました。カフェトーク企画、「みちのくらし」は12月19日に第4回が終わりました。日系ブラジル2世のヴァレリアさんのトーク(お父さんが赤ちゃんの時に移民しているので体験的には3世に近いのだと思います)。コーヒー畑から綿花畑に移ったおじいさんの体験、都市に出て来たお父さんの体験、ルーツに戸惑って育ちながら、デカセギを経てルーツに出会っていったヴァレリアさんの体験、、、それは、本当に生きた歴史でした。そしてルーツである仙台市の蒲生地区が津波に飲まれてしまった中で、震災支援に奔走したこと。なんという縁なのだろうと思いました。また、ヴァレリアさんが最後に「みんながごちゃごちゃに生きるのがいい」と言っていたのも印象に残りました。詳細は、後日、タブレのサイトに報告が載りますのでぜひお読み下さい。
 これまでの「みちのくらし」はどれも、私自身がゲストの皆さんから話を聞きたくて、みんなで話がしたくて、立ててしまった企画です(今後は他のメンバーの企画も予定)。どの回も、とても面白く、参加した皆さんにも喜んで頂きました。参加した皆さんの話もいつも興味深いです。

  • 8月26日 プレ企画「福島と、フェスと、僕の毎日」 ゲスト:南兵衛さん
  • 9月9日 第1回「ラディカル・カフェ in 仙台」 ゲスト:佐藤円さん
  • 10月3日 第2回 「3・11 ふるさと気仙沼からイラクの友を想う」 ゲスト:相沢恭行さん(PEACE ON)
  • 11月8日 第3回「食と農。震災1年半後に描く未来図」 ゲスト: 石森秀彦さん(小さき花 市民の放射能測定室仙台)
  • 12月19日 第4回「故郷を離れ暮らすこと。そうして繋がる文化と人」 ゲスト:大槻ヴァレリアハルエさん

 これらの企画は参加費を頂いていますが、それだけでは赤字の企画です。参加費を上げると参加しにくい。人数を増やせばゆっくりお互いに話ができない。でも、みんなで話をする「場」は求められている、、、。皆さまからコミカフェに寄せられた寄付や、食材のカンパで、ここまで続けられています。本当にどうもありがとうございます。
 そして2012年2月に行われ大反響があった「おとのわ」。形は変わりますが、同じ会場で来年も2月3日に行われます!

 今年も本当に皆様に支えられて過ごしました。どうもありがとうございました。
 来年もよろしくお願いいたします。

追伸:この1年は、息子に会いに行くため、隔週、移住先の甲府に通う日々でした。年末年始は2人で旅行に行って来ます!
 (私の家族事情はさておき)多くの離散家族が一緒に過ごせますように。そして、安心な場所で一緒に暮らせるようになりますように。子どもがいてもいなくても、老若男女、誰に対してであっても「被ばく」を強要する社会や政府を変えていけますように。
 地震や津波で被災した人たちも安心して暮らせますように(いま、みな、家の修繕や再建に多額の費用がかかることに頭を悩ませていらっしゃいます)。最後に。人の力ではどうにもなりませんが、お願いだから、余震はもう終わりますように。
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=56



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode