2013/09/02(月) 10:25|その他

「アメリカのシリア内戦介入に反対する」共同声明

 宮城情報を得るには(2)を書き損ねているのですが。
 緊急事態なので、まず、こちら。共同声明を出しました。
 シリアが「内戦」状況になって2年。何もできないでこういう事態になってしまいました。何ができたのだろう、何ができるのだろう、わからないままだけれど、とにかく意思表明です。
(でも、最近、世の中、「緊急問題」だらけでどれからどう手をつけていいのか、わからないくらいです)
 昨晩の段階で、オバマ大統領送付済み、、駐日アメリカ大使館、駐日フランス大使館、阿倍晋三首相、岸田文雄・外相、小野寺五典・防衛相へこれから提出です。


A Statement Against the US Intervention into Syrian Civil War
September 1, 2013

The Obama administration of the United States is going to intervene into the Syrian Civil War.  They say that the Syrian government forces, in the 21st August attacks against the rebel, used chemical weapons, which caused some 1500 deaths including many civilians.  The Americans, they say, are going to attack the government forces in order to punish the regime and protect Syrian people from their brutal oppressor.

We are totally opposed to the US intervention into the civil war.  

First, it is still unknown who used what kinds of chemical weapons for what purposes.  Finding the facts about this matter is the mission assigned to the UN inspecting team which has recently operated in the area where the alleged attack happened. Why cannot the Americans wait until the commission's report is published?  

Second, the military attacks against the Syrian government forces by missiles, bombers and so on will not help Syrian ordinary people who have suffered from the  prolonged internal conflict, whether the allegation on the chemical weapons is true or not.

The international community is nowadays very much suspicious of what the US claims for military interventions.  We know the Bush II administration started the Iraq War ten years ago using the pretext that Iraq at the time had stockpiled mass destruction weapons. Nowadays, most of the people in the world know their excuse was totally a lie.  Mr.Obama, you yourself was the person that won the Presidential race criticizing that dirty war.  You must, at least, wait to see the findings by the UN commission before you judge on this matter.

We are entirely opposed to the US military intervention into Syria even if it turned out true that the government forces have used chemical weapons.  For, the US intervention will have nothing to do with protecting Syrian people from their suffering.  It will just prolong the devastating civil war and cause more misery.  The prolonged civil war will cause fragmentation of Syria where various armed groups will fight each other like they did Lebanese civil war before the Ta'if agreement.

Look at Afghanistan, Iraq and Libya after the US and others' military intervention in this century.  What did happen after the central government collapsed with the US intervention?  We know those Middle Eastern regimes toppled down due to the US intervention were neither democratic nor humanitarian.  We do not deny that.  And we do not think the Syrian regime of today is democratic and humanitarian at all.  But, the facts show that the US and Western Powers cannot bring those countries democracy, peace, stability and betterment of the people's lives there by force.  The intended intervention into Syria will only create another war-torn country in the region, bringing endless armed conflict and misery.  The impact of destabilization of Syria will be tremendous, and it may cause turmoil in the whole Middle East.  And it
may threaten the whole world.

We condemn every party who violates the international humanitarian laws,including the use of chemical weapons, in the internal war in Syria.  This is one thing. But, outsiders' military intervention into the conflict is another.

We, the undersigned, are totally opposed to the planned military intervention by the US and others.  We also strongly urge Japanese government not to support nor "understand" the military attack by the US and others. 

Al-Jisr - The Bridge (Japan)
Midan: Dialogue for Palestine (Japan)
Palestine Forum Japan (Japan)
Palestine Olive (Japan)


以下、日本語訳です。

声明:アメリカのシリア内戦介入に反対する
2013年9月1日

アメリカのオバマ政権は、シリア内戦に介入しようとしています。オバマ政権によれば、シリア政府軍は、8月21日の反乱軍に対する攻撃で化学兵器を使い、その結果、多くの一般市民を含む約1500人が殺されたということです。アメリカ政府は、シリア政権に対する懲罰、そしてシリア国民を残酷な抑圧者から救うために政府軍を攻撃するのだと言っています。

私たちは、この内戦にアメリカが介入することに、全面的に反対します。

第一の理由は、誰が、何のために、どのような種類の化学兵器を使ったかが、まだ分かっていないということです。本件について事実を究明するのが、国連調査団の役割であり、彼らは、最近、このような攻撃があったと言われる地域を調査しました。アメリカ政府は、なぜ、調査団の報告が出るまで待てないのでしょうか。

第二の理由は、シリア政府軍に対する、ミサイル、爆撃機、その他による攻撃は、長期化している内戦に苦しむシリアの人々を救うことにはならないということです。これは、化学兵器が使われたか否かを問わずに言えることです。

今日、国際社会は、軍事介入を正当化するアメリカの主張に、強い疑いの眼を向けています。ブッシュ・ジュニア政権がイラク戦争を始めたとき、その理由は、イラクが大量破壊兵器を溜め込んでいるということでした。現在、これが真っ赤な嘘だったことを、世界のたいがいの人々が知っています。オバマさん、あなたは、この汚い戦争を批判して大統領選挙を勝ち抜いたのではなかったのですか。少なくとも、あなたは、国連調査団の報告が公表されるまで、判断を保留すべきでしょう。

私たちは、仮にシリア政府軍が化学兵器を使ったことが明らかになったとしても、アメリカのシリア軍事介入に反対します。なぜなら、アメリカの介入は、シリアの人々を苦しみから救うことと何の関係もないからです。このような介入は、破滅的な内戦を長引かせ、さらなる苦しみを生み出すだけです。

今世紀にアメリカなどの軍事介入が行われたアフガニスタン、イラク、リビアで起きた現実を見てください。これらの中央政府が解体した後で何が起きたでしょうか。アメリカなどの軍事介入で倒壊した中東諸国の政権が、民主的でも、人道主義的でもなかったことは、よく知られています。否定できない事実です。また、私たちは、シリアの現政権が、民主主義や道主義から程遠いことをよく知っています。しかし、アメリカや西欧諸強国の武力が、こうした中東諸国に、民主主義も平和と安定も、人々の生活改善も実現することができなかったのは厳然たる事実です。シリアへの軍事介入が行われれば、この地域にもうひとつの破綻国家をつくり出し、際限ない軍事衝突と人々の惨めな生活をもたらすでしょう。シリア不安定化の衝撃は際限ないものとなり、中東地域全体を混乱に巻き込むでしょう。それは、世界全体の平和と安全を脅かすものとなるかもしれません。

私たちは、シリア内戦で、化学兵器使用など国際人道法を犯す者は、誰であれ非難します。しかし、このことと、外部者の内戦軍事介入の是非とは、別問題です。

私たちは、連名で、アメリカなどが計画している軍事介入に断固反対します。また、日本政府に対しては、アメリカなどの軍事介入を支持したり、「理解」を示したりすることのないよう、強く求めるものです。


アル・ジスル−日本とパレスチナを結ぶ
パレスチナ・オリーブ
パレスチナの平和を考える会
ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉

この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=65


関連する記事

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode