2014/07/18(金) 18:34|パレスチナ

緊急行動

 甲府でも小さな集まりを企画しています。この方法なら、家族や友人数人でもアクションができます。ご参考に、他の地域でもぜひ!!
Stop the Bombing! Stop the Occupation!
Action for Palestine
パレスチナの人たちにメッセージを伝えよう!
日時:7月21日(月)17:00〜19:00頃
会場:シェアスペースiira (甲府市中央2丁目11-13 tel. 080-5496-0638)
連絡先:パレスチナ・オリーブ皆川(070-6954-3156 p-olive(a)mue.biglobe.ne.jp)
 イスラエル軍による空爆が激しさを増す中、パレスチナの人たちは「国際社会に見捨てられている」という孤立感を抱いています。そこで、「共にいるよ」と、悲しみと連帯のメッセージを写真に撮って、共通ハッシュタグをつけてアップします。また、ガザからのスカイプ中継が予定されている「NGO緊急集会とキャンドル・アクション(@明治公園)」のネット中継も見る予定です。いま、何が起きているの? そもそも、パレスチナの人たちはどんな暮らしをしているの??そんなことも自由に話せたらと思います。
 急の呼びかけですが、ぜひ一緒にアクションしましょう。
* * * * * * * * * *
 7月8日から始まったイスラエルによるガザへの軍事攻撃によって、死傷者の数は増え続けています。現地NGOや報道によれば、16日までに死者の数は220名を超え、負傷者も1800人以上と伝えられています。同時に、エルサレム、ヨルダン川西岸地区(パレスチナ自治区)、イスラエル内のパレスチナ人の町・村での抗議行動に対してもイスラエル軍・警察による弾圧で数百人以上の負傷者、逮捕者が出ています。加えて、一般のイスラエル人によるヘイトデモや、イスラエル人入植者によるパレスチナ人襲撃も頻発しています。
 パレスチナ・オリーブは、15年以上、パレスチナのオリーブオイルや石けんをフェアトレードで輸入、全国に販売してきました。ほぼ毎年パレスチナの生産者を訪問、通信などで「紛争」だけではないパレスチナの暮らしをお伝えしてきました。1995年〜1999年には何度かガザにも訪れています(現在はガザに入ることはできません)。
 2014年7月、日本の経済産業省とイスラエルの経済産業省は、セキュリティ産業を含む経済協力の協力覚書に調印しました。2013年3月には日本政府は、イスラエルが購入予定のF35戦闘機の国際生産プロジェクトに参加するため、武器輸出3原則の例外とする談話を発表しました。その後、この武器輸出三原則は見直され、集団的自衛権の解釈改憲も行われてしまいました。本当に、日本でつくられた兵器がパレスチナの人々を傷つけてしまう事態が起ころうとしています。イスラエルの問題は私たち自身の問題でもあるのです。
【NGO緊急集会とキャンドル・アクション】
 7月21日18:30~東京の明治公園で、開発支援、人権、フェアトレード、宗教交流など、さまざまな形でパレスチナに関わる市民団体が結集し、市民を巻き込む無差別攻撃を直ちに停止するよう訴えます。また、犠牲になったすべての人びとへの哀悼の意を表し、キャンドル・アクションを実施します。これがネット中継される予定です。(パレスチナ・オリーブの皆川も東京でのミーティングに参加し、主催団体に加わっています。)
【パレスチナ緊急フォトアクション】

アクションの参加方法
 1.手のひらに「STOP Bombing GAZA」などメッセージを書く。
 2.写真を撮り、自身のFacebookやTwitterに掲載する。掲載時(ハッシュタグ)は
#stopbombinggaza にします。
 たくさんの人がこのアクションをFacebook やTwitterに載せると、検索したら参加している人たちの載せた写真が出てくるようになります。皆さんも参加してください。
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=75



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode