2015/06/11(木) 21:58|イベント

ガザ攻撃からまもなく1年

 まもなく、昨年のガザへの大規模攻撃から1年となります。
 「パレスチナ子どものキャンペーン」の招聘で、ガザのNGOの方が来日中、6月14日(日)には東京で講演会があります。
→詳しくはこちら
 昨年、キャンドル・アクションやシューズ・アクションを行った、パレスチナ関連のNGOでも1年で考える集まりを持ちます。
* * * * *
講演会+キャンドル・ウォーク@渋谷
「ガザ紛争から1年 〜国連はなぜ解決できないのか〜」

 2014年7月8日火曜日、世界中がサッカーW杯の準決勝で沸いていた頃、地中海に面する小さなパレスチナ・ガザ地区では紛争が始まっていました。
 東京23区の3分の2ほどの土地に6万発以上の武器が降り注ぎ、50日間で1,500名以上のガザ市民が亡くなっています。
 1年が経とうとしている今でも、ガザとイスラエルの間には正式な停戦合意がありません。
 建材も食料も仕事も不足する中でガザの人々は疲弊し、ガザはいつ紛争が再発しても不思議ではない状況に置かれ続けています。

 なぜ、ガザは苦しみ続けなければならないのでしょうか。
 なぜ、国連や世界は、戦争犯罪を裁くことも、紛争を止めることもできないのでしょうか。

 1年が経過した今、元国連職員としてパレスチナで活動した高橋宗瑠さんのお話を踏まえながら、日本から何ができるのか、みんなで考えていきます。
 またその後のNGOスタッフによるパネル・ディスカッションでは、私たち市民がパレスチナ・ガザのために、日本からできることを考えます。
 終了後、キャンドル・ウォークを行い、ガザの人々へ連帯を伝えます。

 ガザの平和と正義の実現を祈るNGOスタッフ一同、会場にてお待ちしています。

開催日:2015年7月25日(土)

【講演とパネル・ディスカッション】 15:00〜17:45
 受付開始:14:30
 会場:東京ウィメンズプラザ ホール(渋谷区神宮前5-53-67)
 参加費:500円
 
第1部:講演「 国連はなぜ解決できないのか?」
    
スピーカー >> 高橋宗瑠さん
(プロフィール)早稲田大学卒、英国エセックス大学院にて法学修士号(国際人権法)取得。アムネスティ・インターナショナル日本支部でのボランティア及び国際事務局(ロンドン)での勤務後、ジュネーブなどを経て2009年3月より2014年5月まで国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)パレスチナ副代表を務める。2014年6月より英国の国際人権NGO、ビジネス・人権資料センター日本代表。2015年現在、アムネスティ日本で理事を務める。
 
第2部:NGOディスカッション「 私たちには何ができるか?」

【キャンドル・ウォーク 〜ガザの人々とともに〜】 18:30〜19:30
 
コース:渋谷区宮下公園出発→表参道→渋谷駅前→神宮通公園解散(予定)
 宮下公園へのアクセスはこちら

※講演終了後、宮下公園に移動します。
※キャンドルやペンライト等、光るものをご持参ください。
※キャンドル・ウォークからの参加も大歓迎です。
※飲料水を持参するなど、熱中症にならないよう各自で対策をお願いいたします。


【主催】ガザ攻撃から1年・7.25NGO共同イベント実行委員会
<参加団体> アーユス仏教国際協力ネットワーク / APLA / アムネスティ・インターナショナル日本 / サラーム・パレスチナ / 日本国際ボランティアセンター(JVC) / パレスチナ・オリーブ / パレスチナ子どものキャンペーン / パレスチナの子どもの里親運動 / ピースボート
<賛同団体> オルター・トレード・ジャパン(ATJ) / セーブ・ザ・オリーブ / 日本キリスト教婦人矯風会 / ヒューマンライツ・ナウ

【お問合せ】日本国際ボランティアセンター(JVC)パレスチナ事業担当 並木 
Tel. 03-3834-2388 / jvc.palestine(a)gmail.com
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=82



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode