2016/05/25(水) 12:58|イベント

5月25日(水)国立でお話会

「理不尽な世界でも、いいモノをつくって売っている人たちは元気だ!」
・・・パレスチナ・オリーブの皆川万葉さんが、4月に訪問したパレスチナの生産者との交流の報告

5月25日水曜日  
@カフェ・れら 042-510-0253 
JR国立駅東口下車徒歩5分 
料金 ¥1500
受付 pm5:30〜 
お話しと映像pm6:00〜
終了後に交流会を予定しています。
参加費¥1000円(薬膳ルゥカレーOR野菜たっぷりキーマカリー&ハーブティー)

・・・見通しのない鬱屈した状況もブラックジョークで笑い飛ばすのがパレスチナの人たちですが、いま、状況はますます行き詰まっています。そんな中でも、よりいいモノを作ろうと日々頑張っている人たちは元気だ、と感じます。そして、それが売れる、とうことは、仕事を評価されたということ、買った人とのつながりができる、ということ。世界から見捨てられていると感じてしまうような状況の中、そういうつながりのある人は元気だ、と思うのです。
 

この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=86



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode