2011/03/24(木) 19:44|震災

パレスチナからの電話

  日本の多くの皆様からもご心配の連絡を頂きましたが、その前に、パレスチナ地域からたくさんの電話がきました。
 3月12日夕方。まだ、固定電話がつながらず、私のPHSからも誰にもかけられず。仙台市内、東北地域の誰とも電話連絡がつかない段階でした。そこに、「地震直後から、ずっと電話していたよ。やっとつながった!」とナーブルスの石けん工場のマジュタバさんから電話が来たのです。国際電話の回線はすいていたのか、優先されていたのか(その後、中国の友人からも電話が来ました)。翌日になると、「ガリラヤのシンディアナ」のハダスさん、サーミヤさん、ロニットさんと次々に電話がかかってきました。心配は嬉しかったのですが、電気が復旧する前でありPHSの充電が十分でなかったので、その後はいったん電話は控えてもらいました。
 電気やネット回線が復旧すると、今度は、「支援したい」と「ガリラヤのシンディアナ」などから連絡がありました。シンディアナのオリーブ農家のアベッドさん、ムギーラさん、事務所兼倉庫で働くスベトラナさんやトゥージャーンさん、みんなが気にしてくれているとのこと。パレスチナの厳しい状況は変わらないのだから、私たちのことより自分たちの活動に専念して!とも思うのですが、嬉しい心遣いです。「ヨルダン渓谷ソリダリティー」からもメッセージを頂きました。私は、電気・下水・ガスが止まってるとき、ヨルダン渓谷地域やイスラエル内のアラブ・パレスチナ非公認村の生活を思い起こしていました。一時的に不便だということと、それが日常的であるということは全く違うとは思いますが。
 パレスチナにかかわる他の日本のNGOにも、パレスチナから多くの心配と応援の電話やメールが来たそうです。
 
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=6


2011/03/24(木) 14:02|震災

お礼

  このたびは、ご心配とあたたかい励ましの言葉をたくさん頂きました。本当にありがとうございます。メールにひとつひとつお返事できない状況ですので、ブログを開設しました。
 パレスチナ・オリーブは、スタッフも商品も無事です(私の自宅も、スタッフの自宅も、家の中はぐちゃぐちゃとなり壊れたものも多くありますが)。
 地震から2週間が経ちますが、仙台では、食糧を含む物資やガソリンが不足の状態が続き、場所にもよりますが、ガスや水道、下水、電車などの交通網が一部しか復旧していない状況です。道路や住宅(とくにマンションなど)の多くにひびが入るなど建物も痛んでいます。
 しかし、地震・津波・原発事故のトリプル災害のいずれからも被害を受けながら、「他の地域よりはまし、、、」と我慢してしまっている状況にあります。仙台という土地柄、実家が宮城や岩手の沿岸部という方も多く、仙台にいる多くの方が、親戚・知人の誰かを亡くしてしまっているという悲しみも抱えています。その中で、被災者であり支援者でありという立場で、気持ちにストレスを抱えながらも、知人・友人たちが走り回って活動しています。私も、私ができることを少しですがやっています(おいおい、書いていく予定です)。
 まだまだ日常生活には戻る見通しがありませんが、それでも、少しずつ、パレスチナ・オリーブの仕事も再開していく予定です。
 怒濤の2週間のこと、パレスチナ・オリーブのこと、仙台のこと、少しずつ、発信していきたいと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。

追伸:写真は、ナーブルス(パレスチナ・ヨルダン川西岸地区)のロバさんです。
この記事のURL:http://himar-diary.jugem.jp/?eid=5



プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログを検索

others

モバイル

qrcode